手フォーラムとは
スケジュール
テーマレクチャー
研究発表の募集
『哲学の探求』
『探求』掲載論文の公開承認のお願い←重要!
年度までの記録
2016年テーマレクチャー
哲学若手研究者フォーラム
(The Japan Forum for Young Philosophers)
旧「全国若手哲学研究者ゼミナール」
           
このページに関するご連絡・お問い合わせは annai@wakate-forum.orgまで
フォーラムからのお知らせ等のメール配信を希望される方も ↑ までご連絡下さい
(アットマークを小文字に変えて送信して下さい。) 
 
●テーマレクチャー「知覚の哲学」
題目 著者
自閉症の知覚から分かること
ーー障害とは何か、何が障害を命じるのかーー
河野 哲也
事物は色をもちうるか 篠原 成彦
知覚の哲学ーー色彩現象を中心にしてーー 村田 純一

●個人研究発表
題目 著者
抽象絵画と写真
ーーヴァルター・ベンヤミンの「アウラ」概念を手掛りにーー
秋丸 知貴
ヘーゲルの有機体論の存在論的性格
ーーヘーゲル『大論理学』とカント『判断力批判』の差異ーー
川瀬 和也
古典的メレオロジーとカテゴリー横断的和の問題 北村 直彰
意味志向の充実化とは何か 葛谷 潤
何が聞こえているのか
ーー音の存在論についてーー
源河 亨
経験の現象的特徴の自然化について
ーードレツキの表象説の批判的検討ーー
新川 拓哉

●2011年度フォーラム開催のお知らせ

●テーマレクチャー「論理学の哲学」講演要旨
題目 著者
論理学/数学の哲学における概念分析は、
       形而上学の動態化にどう寄与しうるか
ーー〈遷移構造の意味理論〉の現況と今後を瞥見する
岡本 賢吾
論理学はなぜ有用か 金子 洋之
営委員会
(C)2000-2016 哲学若手研究者フォーラム