手フォーラムとは
スケジュール
テーマレクチャー
研究発表の募集
『哲学の探求』
『探求』掲載論文の公開承認のお願い←重要!
年度までの記録
2017年テーマレクチャー
哲学若手研究者フォーラム
(The Japan Forum for Young Philosophers)
旧「全国若手哲学研究者ゼミナール」
           
このページに関するご連絡・お問い合わせは annai@wakate-forum.orgまで
フォーラムからのお知らせ等のメール配信を希望される方も ↑ までご連絡下さい
(アットマークを小文字に変えて送信して下さい。) 
 

2013-2014 哲学若手研究者フォーラム【第2回世話人会】
@東京大学駒場キャンパス 2013年12月7日

【議題1. レクチャラーテーマの決定とレクチャラー候補の選定】
・レクチャーテーマ:「幸福と人生」
・レクチャラー候補に連絡をとる。

【議題2. 『探求』第41号掲載予定論文の校正担当の確認】
【議題3. 『探求』の編集日程の確認】
【議題4. 『探求』の学会販売の予定】
・前半:応用哲学会、日本哲学会、科学基礎論学会
・後半:日本倫理学会、現象学会、科学哲学会

【議題5. 『探求』の Amazon 販売】
・販売経路の拡大のため、マーケットプレイスを使う方向で考えていく
・木下さんに探求の収支状態を確認する
・世話人会だけで決める
・最短で40号、41号あたりから売っていきたい
・探求グループ(林、山崎、木下)で引き続き話し合いをしてもらう

【議題6. 『探求』のオンラインジャーナル化と査読つき論文への移行】
・オンラインジャーナル化に関しては、全体会で決を採って反対がなければ採用する
・最短で42号から移行したい。
・探求グループ(林、山崎、木下)で引き続き話し合いをしてもらう
・査読つき論文への移行はひとまず保留。
・査読指名制(若手OBや参加者の中から選ぶ)という案が挙げられた
査読つきとそうでないものを区別するとしても、修士課程の学生が投稿しにくくなること、査読者を見つけることができるのかなどなどの懸念がある
・全体会で継続議論中ということで案を投げる

【議題7. 『探求』抜き刷りの再印刷】
・15部再印刷することが決定。
・木本さん担当(長門さんと相談しつつ。)

【議題8. 次回世話人会の開催予定】
・2月下旬〜3月上旬予定。